読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸楽 in 大阪

無職のアラフォーがグダグダ書くブログです。当面の目標は就職です。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

美醜という実は個人によってバラバラな概念

社会

毎度、今日も体調がよくないサイトーです。

今日は美醜について書きます。美醜、要はイケメン、美人、キモメン、ブスについての話。

可愛いと思う女ランキング

学生時代に絶対にやるのが学校やクラスの可愛いと思う女ランキング。多分、女性もイケメンだと思う男ランキングをやってきたと思う。

テレビ番組よろしくランキング下位から始める時もあれば、1位から始める時もあったけど、実は下位ランキングの方が好みに個性が出た。

1位~2位は恥ずかしさもあるのか、みんなの中で可愛いとされている子を選ぶ奴が多く、個人的に好きな子は下位に潜ませる奴が多かった。

そして、そういう子は「え~マジで?アイツめっちゃ地味やん!」「●●だけは俺は無いわ」などと言い合うのが常だった。

窪塚洋介って鳥に見えて仕方が無い

 

Shokoさん(@shocon1198)がシェアした投稿 -

時は流れて窪塚洋介という俳優が池袋ウエストゲートパークGTOなどのドラマで話題に上るようになった。

バイト仲間の女の子も窪塚洋介のことをめっちゃカッコいいと言っていたのだが、俺には全く理解できなかった。

確かに背が高く、スタイルは良い。しかし、なんかダチョウ系の鳥に見えるし、俺には顔の造詣も美しいとは思えない。

でも、今現在でも男女問わず窪塚洋介は男前だ!というまとめスレなんかを見た。俺にはわからん。

池袋ウエストゲートパークなら断然長瀬の方がイケメンだと思う。

イケメン、美人も見る人次第

リアルのつながりしか無い時は限られた人数で、限られた人を可愛いだのイケてるだの言ってきた。そして、あいつはブス専だの見る目が無いとか言ったり、言われたりして、美醜というある程度共通の概念があるように思っていた。

しかし、ネットで数多くの人の美醜の判断を見て確信したのが、美醜の判断なんて個人差ありまくり。

キモメン、不細工も人によってはイケメン、美人……ってのは言い過ぎで、普通ぐらいに感じることが多い。体型だってデブもガリもどっちも好きな人いるしね。

接触回数が増えること好感度は増す

ここ1週間ぐらい政治系の番組をしょっちゅう見てて、その中でよく見たのが三浦瑠麗という女性の国際政治学者。 俺は最初に見たときは彼女は普通の女性に見えた。いや、何かNHK人形劇三国志に出てきそうな目鼻立ちだなぐらいに思ってた。

f:id:saito40:20170326165834j:plain

でも、何度も彼女を見るうちに接触回数が増えると好感度が増すザイオンス効果ゆえか、段々チャーミングに思えてきた。たった1週間ほどで俺の美醜感覚に揺らぎが発生したことになる。

というか三浦さんはてなブロガーなのね。

lullymiura.hatenadiary.jp

あとがき

f:id:saito40:20170326171713j:plain


美醜なんて絶対の概念じゃない。もこみち派よりいまいち派もいる。
終わり。

森友学園への国有地売却問題は忖度が原因でファイナルアンサー

社会

毎度、相変わらず体調が万全でないサイトーです。
体調が悪いので家でテレビを見るぐらいしかやることが無く、連日の森友問題の報道を見ています。

そもそもこの事件に興味をそそられたのは、一方の役者が首相、首相夫人、官僚なのに対して、森友学園側が関西のよくある厚かましいファミリーという明らかに役者として格落ちしていたことにある。

何でそんな厚かましい金を持っていない右翼、保守思想のファミリーに便宜を図ったんだろうと思っていた。

籠池ファミリーのバックには関西の闇の勢力でもいるのかしら?と思ってたんだけど、どうもそんなことは無いみたいですな。

森友学園問題は安倍首相への官僚の忖度が原因

橋本・羽鳥の番組で橋本元大阪市長が言ってましたが、大阪(関西圏)の政治家の中では籠池理事長は保守思想を持ったそれなりの有名人で、安倍首相夫人も呼ばれて講演していたように、他にも政治家が呼ばれて講演をしていた。

その中で森友学園が小学校を作ろうとした際に色んな政治家に関与をお願いする。ただ、森友学園側は工事費未払いになっていることからもわかるように、お金を持っているわけではないので、お願いしますとただ陳情しているに過ぎない。

で、当時の国有地売却に関する責任者である近畿理財局局長迫田氏は安倍首相と同郷(山口県下関市)で、お人好しの昭恵首相夫人が建設予定の小学校の名誉校長になっているのもあり、みんながワッセワッセと忖度したの原因だったようだ。

要するに籠池理事長のためというより、安倍首相のために皆を気を使ったということ。時期的にも官僚人事は官僚が決めていたのが、2014年より内閣人事局が握ったのも関係しているのかもしれない。

thepage.jp



そして、籠池側がお金を持ってないので、政治家側へお金が渡ってないだろうし、政治側に対する刑事訴追はないでしょう。

土地代マイナス8億円は値引きし過ぎではないらしい

安倍ちゃんに気を使うにしても8億円もの値引きってやり過ぎやん!という思うんだけど、これも橋本元市長によるとそんなに珍しくも無いらしい。

というのも国や市町村が土地を売却する際に、補助金などを購入者に出すことも多い。

工場を誘致する際に土地代は10億だけど、補助金を何億円も出したり、税金などを免除したりすることはあるとのこと。建設予定の小学校の隣の土地を国が豊中市に売却し、今は小学校になっているんだけど、これも土地代14億2380万円で補助金14億円を豊中市に出しているので実質は2380万円で売却されている。

7億円で購入希望の大阪音楽大学をハブったのが問題

ただ、官僚がミスというか言い訳できないのが、入札をしなかったということらしい。

というのも競売に掛けて購入者を募った結果、1億円ちょっとで売れたなら仕方が無いと誰もが納得する。そもそもこの豊中市の土地は大阪音楽大学が7億円で購入すると言っていたのに近畿理財局が安いと突っぱねた。

数年後にゴミが埋まっていることがわかったにせよ、国民の財産を売るに当たっては大阪音楽大学に声を掛けるべきがそれをせずに随意契約で売ったのが一番の問題で言い訳できないとのこと。

森友学園は破綻待ったなしなので、土地は国が買い戻すだろうし、今頃大阪音楽大学は1億円ちょっとで土地買えるなんてラッキーやでとウハウハかもしれん。

あとがき

まぁ、そんな感じで豊中市国有地売却問題は、結果的にはここ数年話題の「忖度」が原因だったということになると思う。

で、忖度は別にお金が動いているわけでも無いから告訴もできない。

野党は倫理的に追及するしかないでしょうけど、まぁ、一方の役者が何が本当で嘘なのかわからない籠池ファミリーの証言なので無理だろうなと。

もっと悪い奴が出てくるかと思ったら、籠池ファミリー以外はみんな気を使う人ばっかりという変な事件だ。

というか、ここ1週間ぐらい色々この問題に関してニュースやブログ、ツイッター見てたんだけど、政治に関わる人って実名出しているのにアホ、ボケは挨拶代わりで「●●死ね」「●●の息の根を止める」「●●を殺せ」って書いていたりするし、息を吐くように嘘を書いてたりして凄いなと思った。

大阪のアホだって30越えたら、さすがにそんな死ねとか殺すって頻繁に言わへんで。

それにこの森友学園に絡んで事実と見せかけて、創作ストーリーを書いてる奴もいたし、それをそれなりにテレビラジオに出ている人が褒めながらリツイートしてたりとかカオスな感じだった。

政治を考えるとおかしくなるのか、政治を考える奴はおかしいのか?晩飯に何を食うかを考える方が幸せになれるなと思った。

アラフォーは酒とタバコで逆流性食道炎になってた

日記

毎度。
やっとこさ悪かった体調に改善の兆しが見えてきた。

オッサンは調子が悪ければさっさと病院に行くべし

先月の19日に連れと飲みに行って、いつも通りに飲み過ぎて精神的に参って、体調も悪化した。いつもはそんな状態から1週間程度で復帰するんだけど、全然治らない。

おかしい。胸が痛い。

ということで近所の内科でレントゲンと心電図を取ってもらうと、肺がんの気は無いし、若干不整脈だけど恐らく胃腸だろうという診断。1週間分の胃腸薬を出して貰う。様子見てダメなら胃カメラで調べる必要があるとのこと。

確かに胃腸というより食道が痛い気がする。タバコを吸うと痛む気もするし。

ということでさっさと胃カメラで診て貰えば良かったんだけど、胃腸薬のおかげか痛みが微妙に引いたので、そのまま2週間ほど放置。

でも、やっぱり体調悪いし、胸が痛い。これはヤバイということで胃カメラで診て貰う。

結果、逆流性食道炎との診断だった。さっさと病院行けば良かった。命に関わる病か?なんて妄想したりしてちょっとビビってたし。

タバコをちょっと止めてみた

逆流性食道炎との診断をしてくれた医者はもの凄く良い医者で、開業医なのに週6でバリバリ働いていて、しかもめっちゃ話易い。

今は引退された親父さんもお医者さんで、以前は医療で儲けるのはけしからん!人のためにやるのが医療だ!みたいなことを薬を出す袋に書いていたらしい。

とにかく信頼できる良い医者なんだけど、彼にタバコを止めないか?と言われた。酒とタバコが食道や胃にかなりの負担になっているらしい。

その場は何となくお茶を濁したんだけど、毎日二箱のタバコはさすがにヤバイとは俺も思う。というか病気になったら、泣きながらタバコを吸っていたことを後悔する自信があるので、タバコを止めようかとは最近思っていた。

逆流性食道炎の薬を貰って1週間服用したが治らない。やっぱタバコが回復を遅らせているのかもしれないと思い、タバコを止めた。

20年吸ってきたタバコをこんなに簡単に止められるとはびっくりだ。でも、病気にビビッているおかげかもしれない。

酒も止めるか

どんなひどい風邪を引いても、喉が痛かろうが咳がひどかろうが吸ってきたタバコを止めて今日で4日目。食道の痛みは少しマシになってきたが、まだ治らない。

次は酒だろうとは思っている。

酒もずーっと飲み続けている。どんなに二日酔いになろうが、やっぱり寝る前にまた飲んでしまう。アルコール依存症であることは間違いない。

酒を飲む理由は旨いし、好きだからだけど、毎日飲む理由は眠るためだ。酒を飲んで少しほろ酔いにならないと眠れない癖になっている。

なので酒の代わりに睡眠導入剤?でも飲もうと思う。ドラッグストアでも売っているのは知っているし、実は手元にあるんだけど癖になるのが怖いので、病院で貰うことにした。酒やタバコに容易に依存した俺なら睡眠導入剤にも依存すると思うしな。

あとがき

昨日から夕食後に1時間のウォーキングを開始した。先生がくれた逆流性食道炎で気をつけることを書いたチラシに運動も大事と書いてあったからだ。

酒もタバコも止めて、運動までしないと健康な体になれないなんて年だな。まぁ、大病する前に気づけて良かったんだろうけど。でも、まだそんな年じゃないし情けない気もする。

2017年2月のまとめ

今月の記録 転職活動

毎度、サイトーです。
さて、2月も終わりましたな。ということでまとめる。

2月の主なニュース

俺的に気になったのかこの3つ。俺は芸能関係はあんまり興味が無いけど、能年玲奈こと現のんもレプロとかいう事務所らしいし、ヤバイ事務所なんだろね。ちなみに「のうねんれいな」だと思ってたけど、「れな」というのを初めて知った。

2月の主な行動

  • バイトに応募して落ちる
  • ITパスポート試験を受ける(多分合格)
  • 色々頑張って行動するも最後に飲みに行って心身が不調になる

先月から転職活動について考え始めて一時テンパッて、バイトをしようだとかITパスポート試験を受けてみるなど迷走した。一応その間も低調ながら、色々頑張っていたんだけど、最後に飲みに行って心身のバランスをまた崩してアウトという感じだった。

まだ体調が悪くて明日病院行ってくる。

2月に読んだ本

読んでよかった。今映画監督の押井守の本を読んでいる。3月はもうちょい本を読みたい。

仕事をすることへの意思が固まる

1月の時点では仕事するのが億劫な気持ちが正直あった。それも結構な割合で。

それが今月になり、「仕事したい!家にいるのキツイ!」というようになった。恐らくバイトに落ちたり、取っても意味の無い資格(ITパスポート試験)を取ったりしたからだろう。右往左往している間に、「こんなことしてる場合やない!」と気づいたのかもしれない。

それは良かった。

あとがき

2月はザ迷走という1ヶ月だった。色々やったんだけど直接的には意味がない、結果もない1ヶ月。まぁ、そんな月もあるさ。

そのおかげで精神的には仕事への意思も固まったし。

とりあえず体調が悪いのので病院行って問題なければ来週ぐらいからマジで転職活動をバリバリやるつもり。

もう本気で家にいるのがキツイし、それがゆえか知らんけど体調崩すのもイヤだしね。

まぁそんな感じですわ。

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘の感想

読書感想文

毎度、サイトーです。
「夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘」という本を読みました。読んだきっかけは、読んでいるブログで紹介されていたからだ。

本のタイトルで俺が最近考えていることを書いていること間違いなしと思ったので、即購入した。ちなみ著者の中川淳一郎ウェブはバカと暇人のもので有名だ。

現在の日本は「夢」がやたらと優遇されすぎている。だが、夢を追い続けた結果、悲惨な目に遭った人を散々見てきた。ミュージシャン、お笑い芸人、作家、司法浪人生、国家公務員受験生、学者、アーティスト、芸能人、起業したい人、フリーランスで自由に働きたい人、……夢を簡単に煽って欲しくないのである。

彼らがどんだけ「夢を持て」といったことばに騙されて悲惨な人生を送っているか!

本書で語るのは、そういったおとぎ話を真っ向から否定する、地に足の着いた仕事論である。さあ諸君、ワーク・ライフ・バランスに悩むのをやめ、「夢を諦める日付」を手帳に書き入れよう。仕事は元来、くだらないものなのだ。

 

こんな内容から始まるこの本だが、巷に溢れる「夢を持て!」に対する逆張りで書かれた捻くれた奴の本ではない。

むしろ、優しさから「夢なんか追っちゃダメだよ!」と言っている。

我々フツーの「凡人」、「小物」(引用)である人生の先輩としての仕事論についてのアドバイスである。ちなみに著者は一橋を出て博報堂に入っているので、俺などは何をかいわんやである。

実は真面目な仕事論

さて、届くまでの間に他の人の感想でも見ようかなと思ってググってみると、こんなページに行き着いた。

ji-sedai.jp


アホなおっさんがふんどしで発売記念の対談をやっている。

もしかして買って失敗か?と思ったんだけど、良かった。俺は少し感動すらした。

夢なんか叶わない、夢死ね!というのは単なるジャブで、次章から本編が始まる感じなんだけど、「クライアントが俺に責任は無いという証明のための謝罪文」とか「誰がこの中で一番偉いかという序列」とか「根回し(博報堂では仁義を通すというらしい)」とか、博報堂のような大企業ではないけど、わりと堅い業界で働いていた俺はあるあると笑ってしまった。

そんなこの本も、章が進むに連れて面白おかしいテンションが変わり、著者の仕事観の話になっていく。

博報堂に入って初めての誕生日。著者はクライアントのイベントで名古屋に初めての出張に行く。

イベントも無事終わり、40代、50代のクライアントと酒を飲み、カラオケでどんちゃん騒ぎ。もちろん、著者はお酌をし、言われるがままに飲み、盛り上げるためにタンバリンを叩く。

ディス イズ ジャパニーズサラリーマンをやっているのだ。

そんな時に博報堂の先輩社員が「こいつ(著者)は今日誕生日なんですよ。何か祝ってくれませんか?」と言ってくれ、おっさんばっかりで著者のためにハッピバースデーの曲を唄ってもらった。

ここで著者は「社会人っていいじゃん」と思うのである。

俺はここに感心した。誕生日に名古屋まで来てオッサンどもにハッピーバスーデーを唄って貰うなんて、普通に考えて嬉しくない。

クライアントの手前その場ではありがとうございます!と言っても、何も心に残らないはずだ。

著者は真面目で地味なタイプなのでチャラい同期についていけず、また仕事もキツいので辞めて大学院に進学するかと考えていたらしい。

それがこの時に初めて社会人っていいなと思えたらしい。うまくいえないけど、仕事って何やってようが結局は人間関係で、その人間関係を肯定的に捉えられるかどうかって凄く大切なことだと思う。

あとがき

著者は元広告代理店の人間なので、この本を書くときにターゲットを決めていたんだと思う。

俺の予想では就活中の大学生から社会人になって転職を考えている層が大きなターゲットで、ピンポイントで狙っているのは「仕事なんてクソ、このクソ会社辞めてやる」って考えている人かなと思った。

俺は会社を辞める前にこの本を読んでいても仕事は辞めただろうが、自分がサラリーマン時代に何がダメだったのかを考え直すいい機会になった。

キラキラして希望に燃える学生にも、死んだ魚の目をして通勤しているサラリーマンにもおすすめの一冊。

 

大阪府豊中市の森友学園への国有地「格安」売却問題が面白い

社会

毎度、サイトーです。
最近ニュースを騒がせているのが、表題の国有地を森友学園へ格安で売却した問題。安倍首相の嫁さんの昭恵夫人が名誉校長やっていたのもあり、何がしかの政治的関与があったんじゃないかと野党やメディアが騒いでいるわけです。

事件の流れをざっくり言えば、国は森友学園に土地を売ると決めた。んで、森友学園が工事を始めたら地下からゴミが出てきた。

森友学園「ゴミの撤去には8億ぐらい掛かるから、8億円負けてーや。」

国「ええで。」

森友学園「ほな、差額の1億3400万円ですわ。おおきに。」

で、実はゴミの撤去もちゃんとしてないし、国も見てなかったという話。


これは大阪の話なので関西でも当然取り上げられていて、俺としては売却に関わる役所がミスしたんやろうなと思っていた。そこいらの中小企業じゃなく学校法人やし、そんな悪させんやろうと。

野党としては首相の嫁はんが名誉校長として森友学園におったんやし、何がしかの便宜を図ったんちゃうか!と突っ込むのも当たり前。

でも、俺は支持率の高い安倍首相がそんな危ない橋渡るかなぁと思っていた。金銭の授受なんて1議員ならまだしも首相やし、それこそアンチ安倍が死に物狂いで調べるのわかってるやろう。嫁が名誉校長なんて調べてってわざわざ言っているようなもんやし。

そんな風に思っていたんだけど、ちょっとやっぱり怪しいかなと。

今日の答弁でも

民進党の福島議員が、学校法人「森友学園」に国有地が格安の価格で売却された問題について、「法的措置をすべきだ」とただしたのに対し、安倍首相は、学校側に抗議したと指摘したうえで、法的措置については、「行政府の長として行うべきではない。膨大な時間を割くべきではない」と述べ、慎重な姿勢を示した。

とあるように、穏便に済ませたいらしい。

本当に何も関与していないなら、「調査でも何でもやったろうやんとなるけど、「うん、おかしい。俺もおかしいと思ってるよ!でも、今はそんなことに時」間掛ける場合やないやん。」って感じを続ける安倍&麻生は、学校で盗撮カメラが発見された際に、善意を装ってカメラを破壊した校長&教頭に思えて仕方が無い。

しかも、この事件も大阪なんだよなw

www.sankei.com

今回の森友学園の問題について、元土木技術者の人が面白い記事を書いていた。

森友学園の証言が嘘臭い

杭打ち工事中、地下9.9m付近まで掘った時点で新たな地中埋設物が見つかったことがこの問題の発端だといわれているが、地中埋設物として具体的に挙げられているのは木端や長靴、靴下、自転車のタイヤチューブなどの生活ごみである。

深さ9.9mから木端や生活ごみが出てきたとすると、この国有地は支持層から上はごみの山、言い換えればゴミによって埋め立てられた土地だったということになる。山の手に位置する豊中市でこうした埋め立て地があったというのもにわかには信じ難い。

ゴミの埋め立て地として利用されていたのでなければ、地下9.9mにある支持層近辺から生活ゴミが出てくるというのはまずあり得ない話。

土壌汚染された土地なのに工事が適当

この国有地は和歌山毒物カレー事件で使われたことでも有名な有害物質ヒ素に加え鉛も検出されており、豊中市によって土壌汚染対策法に基づく要措置区域に指定されていること。

この国有地は豊洲市場のように、もともと化学工場だった場所ではなく住宅地であり、阪神大震災の際には仮設住宅が建設されていた場所でもある。その国有地に、何時、どのようにしてヒ素や鉛が含まれるようになったのかも興味深いところだ。

野党は、森友学園国交省の見積もり通り土壌汚染対策を実施していれば、ダンプ4000台分の土砂の搬出があったはずだが、近隣住民からそれを裏付ける証言は出てきていないことから、実際には土壌汚染対策に8億円もかかっていない可能性が高いことを指摘している。

こうした指摘に対して、森友学園の理事長はその事実を認めたうえで、全ての土砂を搬出したのではなく、搬出したのは校舎部分のみであり、校庭部分はそのままにしていると証言している。

こうした国交省の見積もりの前提となる工事を行っていなかっただけでなく、堀出した一部の土砂は搬出せずに敷地内の埋め戻しに利用したという指摘もされている。

ヒ素や鉛といった有害物質を含んだ土砂を、小学校の敷地の埋め戻しに使用するというのは常識的に考えられないことであるし、そのことを国が見逃しているとしたら信じられないこと。ヒ素や鉛が検出されている土地に小学校を立てるのであれば、全ての土砂を入れ替える土壌汚染対策をとる必要があることは明白なことである。

これで上に建てるのが工場じゃなくて学校って中国のこと笑えん。普通は子供のためにも調査するとか言うのに、安倍&麻生は流そうってのがね。

引用元

安倍政権の命取りに?森友学園小学校の地下に眠る「最大のタブー」=近藤駿介 | マネーボイス

あとがき

上の記事では他にも買おうとした学校法人がいたこと(しかも、森友学園より金払うと言ったのに却下)とか書いているし、やっぱ何がしかの意図があって森友学園に売却されたよう。

でも、最初に書いたように献金とかの線は考えにくい気がするし、何があるんやろう。本当に国交省がうっかりしたただけなのか、意図的にスルーしていたのか?久々に楽しいニュースや。

 

ハルキスト叩きはアホだと思う

日記

毎度、サイトーです。
村上春樹の最新作、騎士団長殺しが発売されましたね。

懐かしきはなきんデータランド

大昔、テレビ朝日だったと思うけど、はなきんデータランドというランキング番組をやっていて、その当時に吉本ばななと並んで村上春樹はしょっちゅうランキング1位になっていたイメージがあります。

当時は僕もガキんちょだったので、ノルウェイの森とか内容が想像もつかんなぁと思って見てました。

その後、そこそこ本を読むようになった時には、同じ村上でも村上龍限りなく透明に近いブルーとか愛と幻想のファシズムとか、村上龍作品は結構読んだんですが、村上春樹の本は一回も読んだことがありません。

ロック好きも読書好きも共通の趣味とは言えない

なんで彼の本を読んでいないかというと単に縁が無かっただけなんですけどね。

で、彼のファンでハルキストと呼ばれる人が集まって事前に内容を想像しあったり、朝まで読書会をしたりしていたそうですな。

そういう行為やハルキストと呼ばれる集団が存在することも含めて、一部では嫌悪の対象になっていて、今回もそういう発言を目にしたけど、俺は正直言ってそんな批判はアホらしいと思う。

読書を趣味にする人は多いけれど、読書の趣味が合うということは結構まれな気がする。

俺はロックファンだけど、ロックファンも実は好きな音楽が共通するということは少ない。洋楽、邦楽でも別れるし年代やジャンルとかで細分化されており、「ロック好き」という言葉は音楽が好きぐらいの意味でしかない。

読書の場合は更にそうな気がする。

で、そんな中、日本で唯一ぐらいの大物ロックスターならぬ作家が村上春樹なんだろうし、彼を好きな人が集まってワイワイやるのはライブに行くみたいなもんだし、いいやんと思う。

あとがき

ハルキストと呼ばれる人は別に気にしていないんだろうけど、そういうの叩いたりするのって世知辛い世の中をさらに寂しい気持ちにしてしまう気がする。

みんな余裕が無くてイライラすることが多いんだろうけど、そんなのふーんって感じで流していけば良いのにな。


話は変わるけど、俺はなぜかわからんけどバブル世代というか80年代に対してノスタルジーというか羨ましさを感じる。

俺はバブル世代では無いんだけど、何かあの当時の明るさみたいなものに惹かれるのかもしれん。

バブル世代の人に聞いたことがあるんだけど、「今の日本とは別の国」と言っていた。その人は販促グッズを作る会社で働いていたんだけど、営業電話を掛けると「とりあえず段ボール2~3箱送って来い」と言われるらしい。もちろん代金も払ってくれる。

こんな時代なら俺も少しは営業できたかもしれないな。