幸楽 in 大阪

無職のアラフォーがグダグダ書くブログです。当面の目標は就職です。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

森友学園への国有地売却問題は忖度が原因でファイナルアンサー

毎度、相変わらず体調が万全でないサイトーです。
体調が悪いので家でテレビを見るぐらいしかやることが無く、連日の森友問題の報道を見ています。

そもそもこの事件に興味をそそられたのは、一方の役者が首相、首相夫人、官僚なのに対して、森友学園側が関西のよくある厚かましいファミリーという明らかに役者として格落ちしていたことにある。

何でそんな厚かましい金を持っていない右翼、保守思想のファミリーに便宜を図ったんだろうと思っていた。

籠池ファミリーのバックには関西の闇の勢力でもいるのかしら?と思ってたんだけど、どうもそんなことは無いみたいですな。

森友学園問題は安倍首相への官僚の忖度が原因

橋本・羽鳥の番組で橋本元大阪市長が言ってましたが、大阪(関西圏)の政治家の中では籠池理事長は保守思想を持ったそれなりの有名人で、安倍首相夫人も呼ばれて講演していたように、他にも政治家が呼ばれて講演をしていた。

その中で森友学園が小学校を作ろうとした際に色んな政治家に関与をお願いする。ただ、森友学園側は工事費未払いになっていることからもわかるように、お金を持っているわけではないので、お願いしますとただ陳情しているに過ぎない。

で、当時の国有地売却に関する責任者である近畿理財局局長迫田氏は安倍首相と同郷(山口県下関市)で、お人好しの昭恵首相夫人が建設予定の小学校の名誉校長になっているのもあり、みんながワッセワッセと忖度したの原因だったようだ。

要するに籠池理事長のためというより、安倍首相のために皆を気を使ったということ。時期的にも官僚人事は官僚が決めていたのが、2014年より内閣人事局が握ったのも関係しているのかもしれない。

thepage.jp



そして、籠池側がお金を持ってないので、政治家側へお金が渡ってないだろうし、政治側に対する刑事訴追はないでしょう。

土地代マイナス8億円は値引きし過ぎではないらしい

安倍ちゃんに気を使うにしても8億円もの値引きってやり過ぎやん!という思うんだけど、これも橋本元市長によるとそんなに珍しくも無いらしい。

というのも国や市町村が土地を売却する際に、補助金などを購入者に出すことも多い。

工場を誘致する際に土地代は10億だけど、補助金を何億円も出したり、税金などを免除したりすることはあるとのこと。建設予定の小学校の隣の土地を国が豊中市に売却し、今は小学校になっているんだけど、これも土地代14億2380万円で補助金14億円を豊中市に出しているので実質は2380万円で売却されている。

7億円で購入希望の大阪音楽大学をハブったのが問題

ただ、官僚がミスというか言い訳できないのが、入札をしなかったということらしい。

というのも競売に掛けて購入者を募った結果、1億円ちょっとで売れたなら仕方が無いと誰もが納得する。そもそもこの豊中市の土地は大阪音楽大学が7億円で購入すると言っていたのに近畿理財局が安いと突っぱねた。

数年後にゴミが埋まっていることがわかったにせよ、国民の財産を売るに当たっては大阪音楽大学に声を掛けるべきがそれをせずに随意契約で売ったのが一番の問題で言い訳できないとのこと。

森友学園は破綻待ったなしなので、土地は国が買い戻すだろうし、今頃大阪音楽大学は1億円ちょっとで土地買えるなんてラッキーやでとウハウハかもしれん。

あとがき

まぁ、そんな感じで豊中市国有地売却問題は、結果的にはここ数年話題の「忖度」が原因だったということになると思う。

で、忖度は別にお金が動いているわけでも無いから告訴もできない。

野党は倫理的に追及するしかないでしょうけど、まぁ、一方の役者が何が本当で嘘なのかわからない籠池ファミリーの証言なので無理だろうなと。

もっと悪い奴が出てくるかと思ったら、籠池ファミリー以外はみんな気を使う人ばっかりという変な事件だ。

というか、ここ1週間ぐらい色々この問題に関してニュースやブログ、ツイッター見てたんだけど、政治に関わる人って実名出しているのにアホ、ボケは挨拶代わりで「●●死ね」「●●の息の根を止める」「●●を殺せ」って書いていたりするし、息を吐くように嘘を書いてたりして凄いなと思った。

大阪のアホだって30越えたら、さすがにそんな死ねとか殺すって頻繁に言わへんで。

それにこの森友学園に絡んで事実と見せかけて、創作ストーリーを書いてる奴もいたし、それをそれなりにテレビラジオに出ている人が褒めながらリツイートしてたりとかカオスな感じだった。

政治を考えるとおかしくなるのか、政治を考える奴はおかしいのか?晩飯に何を食うかを考える方が幸せになれるなと思った。